こぎん刺しとりんごの木のピアス/手仕事の雑貨、作家もの器、木のものtalvikki

手仕事の雑貨、作家もの器、木の雑貨talvikki

手仕事の雑貨、作家もの器、北欧アンティーク、木の雑貨talvikki

こぎん刺しピアス/りん木ginピアス

 

こぎん刺しピアス/りん木ginピアス

モスグリーンの生地に白い糸を使用しています。

こぎん刺しピアス/りん木ginピアス

 

 

 

こぎん刺し作家、tsu.girlさんと、りんごの木のスプーンなどを手がける

wood villageさんのりん木ginシリーズのピアスです。

ひと針ひと針、丁寧にこぎんを刺したピアスと、りんごの木で作った木のリボンが耳元を飾ります。

裏にはスワロフスキーを使ったパーツが張られ、揺れてキラリと光るのも素敵なピアスです。

こちらは金具の部分がアンティークゴールドです。

 

「りんごの木について」

りん木ginシリーズのりんごの木は、青森県弘前市のりんごの木が使われています。

りんごの木は、堅くて加工が容易ではない木材です。

そのりんごの木で小さな小さなりぼんの両端を作り、真ん中に色の違うウォルナットのパーツと組んで仕上げています。

 

こちらも限定数でのお取り扱いとなります。

 

色:モスグリーン生地×白い糸

size 直径約2cm×高さ約0.5cm

  :ピアスのピンの部分 チタン 

  :キャッチ部分 金属

金属アレルギーの方はご注意下さい。


※購入時の注意点をよくお読み頂いた上でご購入下さいますようお願い致します。

 

素材の特性とご注意


商品は手作りの為、縫製など多少のゆがみや、わずかなサイズの違い、糸のねじれなどが生じる事がございます。ご理解くださいますようお願いいたします。

モニター環境などにより、実物と多少色味が異なることがございます。

金属アレルギーを起こしにくいチタンのピンを使用しておりますが、体質によって、かゆみ・かぶれを生じる場合がありますので、皮膚に異常を感じたときは、ご使用をお止めいただき専門医にご相談ください。

サウナなど高温になる場所、極寒地などでは、気温の変化を受けやすいため、ピアスの使用は、火傷、凍傷の原因となる場合がありますので、着用しないでください。

小さなお子様がいらっしゃる場合は、ピアスを引っ張られる事もございますので、その際は使用をお控え下さい。

 

 

KOTS-1014 tsu.girl こぎん刺しピアス/りん木gin/アンティークゴールド金具 ¥4200

「作家さんについて」

こぎん刺し作家tsu.girl

tsu.girlさんはこぎん刺しの発祥地、弘前の作家さんです。

中学校の家庭科の課題でもこぎん刺しがある弘前では、こぎん刺しはとても身近な存在。

tsu.girlさんは、いつもお子さんの洋服の繕いにこぎんを刺したり、誰かへの贈り物のためにこぎんを刺します。

その様子はごく自然で、愛情にあふれていて、いつも誰かのために、楽しみながらこぎんを刺しています。

 

もともと防寒のために始まったと言われる津軽のこぎん刺し。

豪雪地帯の弘前は、屋根から滑り落ちてきた雪と、しんしんと降り積もった雪が、

1階の屋根に届くほどになる事もあります。

 

tsu.girlさんの暮らしぶりを伺っていると、こぎん刺しが美しいもどこ(模様)を生み出した理由は、

誰かを喜ばせたい、自分も楽しみたい!という思いから生まれたことを感じます。

 

ちなみにtsu.girlさんのお母様もこぎん刺しをされるのだそう。

今、tsu.girlさんがお子さんにこぎんを刺してあげてるように、

こぎん刺しは、あたたかい思い出の詰まった手仕事なのです。